遺留分減殺請求等の御相談はお任せください。|入江法律事務所(富山県/高岡市)

電話番号 : 076 - 482 - 6001

面談相談料:30分5000円(税別)

定休日:土日祝日(事前のご連絡で土日祝も対応可能)

お問い合わせ

当事務所は、富山県を中心に数多くのご相談について常に依頼者様の立場に立つことを心掛け、迅速丁寧なサポートをモットーとしております。

遺留分減殺請求

入江法律事務所(富山県/高岡市)では遺留分減殺請求に関するお悩みに対応しております。

遺留分減殺請求

遺留分とは、被相続人の配偶者や両親などの特定の法定相続人には、遺言書の内容によっても侵すことができない、一定の割合の財産を相続する権利のことをいいます。
遺留分は、ご遺族の方の最低限の生活保障のために定められた制度です。

法律上このような制度があるため、遺言書の内容に従った場合には相続財産を取得できなくなってしまう相続人は、自己に保証された一定割合の相続財産を確保するために、遺言により相続財産を取得した相続人に対して、遺留分減殺請求を行うことが可能です。

【遺留分減殺請求をするためには】

まず遺言の内容を確認し、また、誰が相続人となるのか、どの財産が相続財産に当たるのかを調査しておく必要があります。

相続人の調査は、戸籍を取り寄せて調査します。相続財産については、各財産によって調査方法が異なります。場合によっては、相続財産を事実上管理している人に対して、相続財産の内容を開示するように請求する場合もあります。

どの財産が遺産(相続財産)に当たるのかということそれ自体について争いがあるような場合には、遺産分割をするために、まずは遺産が何かを確定させる必要があります。

その後、遺留分減殺請求の相手方に対して、遺留分減殺請求の通知をすることになります。

【遺留分の権利がある相続人】
・配偶者
・子供
・孫(代襲相続人)
・両親(直系尊属)
※被相続人の兄弟姉妹には、遺留分の権利はありません。

当事務所では、これらの調査、手続きの全てをサポートいたします。
まずは、ご相談者様のお気持ち、ご事情を丁寧にお伺いいたします。お気軽にお問合せ下さい。

入江法律事務所が提供する事例・相談内容

  • 口座凍結

    口座凍結
    口座名義人が亡くなった事実を金融機関に知ると、預金口座が一旦凍結され、引き出すことも...
  • 相続放棄

    相続放棄
    相続放棄とは、プラスの財産よりもマイナスの財産が多い時など、何らかの原因で相続人にな...
  • 退職強要

    退職強要
    退職強要とは、使用者から労働者に契約解除を労働者の意思に反して強いる働きかけであり、...
  • 解雇権濫用法理

    解雇権濫用法理
    解雇権濫用の法理とは、「合理的かつ論理的な理由が存在しなければ解雇できない」という理...
  • 限定承認

    限定承認
    限定承認とは、相続人が相続によって得る財産の限度内で被相続人の債務や遺贈の義務を負担...
  • 運行供用者

    運行供用者
    自動車損害賠償保障法3条は、交通事故(人身損害に限る)が発生した場合に、 損害を賠償...
  • 遺産分割協議書

    遺産分割協議書
    相続税の申告や、相続した不動産の登記、預金や株式の名義変更など、すべての場面で遺産分...
  • 症状固定

    症状固定
    症状固定とは治療を続けても大幅な改善が見込めず、長いスパンでみると回復・憎悪がなくな...
  • 任意保険

    任意保険
    自動車保険は、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険を言いますが法的扱...

入江法律事務所に寄せられる「遺留分減殺請求」関連の法律トラブル・ご相談事例

借金問題(任意整理・特別調停・自己破産など)

遺留分減殺請求に関するお悩みに対応しております。|入江法律事務所(富山県/高岡市)
遺留分減殺請求等の御相談はお任せください。|入江法律事務所(富山県/高岡市)